人のプライバシーにぐいぐい踏み込んでくる人に対する対処法

笑顔でかわせば悪印象にもならない

話したくないプライベートな事まで根掘り葉掘り聞いてくる人っていますよね。うっかり個人的なことを話したら、それが知人の間で広まる、なんてこともあったりします。プライバシーという言葉の意味を知らない相手をかわす方法をご紹介します。まずはとにかく笑顔でかわす訓練をしましょう。ちょっとズレた返答をしてごまかしてください。相手が望むゴシップではありませんから、食い下がられる場合もありますが、その場合も笑顔で「だから~なんだってば」とあえて空気を読まずにいきましょう。にこにこ笑顔は崩さずにいることで、うまくいけば天然な回答をしてる、でごまかせてしまいます。

相づち上手になって、相手にしゃべらせる

さらりとかわすことができない相手の場合はこちらも工夫が必要です。かわした後にすかさずこちらからの質問を投げかけましょう。こちらの話題ではなく、向こうの話題に持って行くのです。うまく乗せて話し始めたらややオーバー気味に相づちを打っていってください。会社の上司をよいしょする気持ちで、とにかくその話題に興味津々ですよ、というのをアピールしましょう。一通り話し終えた後にはあなたのプライバシーの話の事なんて忘れてしまっています。

詮索されないキャラクターになろう

毎回毎回かわすのも乗って話をするのももう嫌だ、という方は割と厳しめの返しをしていきましょう。「いや、大丈夫ですよ」とか「問題ありません」と当たり障りがないけれど、完全に拒否な言葉で武装してください。相手はちょっとひるむかもしれませんので、喧嘩にならないためにはにこにこ笑顔が大事です。笑顔で「あなたに話す気はありません」というのを強く打ち出すことで、プライベートな話はしない人、というイメージができあがっていきます。そうすればもうこの人のプライバシーを探っても何も出てこない、と判断して、別のターゲットの元へと去って行くはずです。

機密文書の保管方法に関しては、各企業の法務の担当者の注目が集まっており、セキュリティの面からしっかりと対策を立てる必要があります。