電気製品の自作に欠かせない部品と言えば…?

電気製品がある暮らしは…

電気製品を使わない日はないほど私たちは毎日、電気製品を使用しているはずです。例えば、冷蔵庫なんていうのも毎日使うものですし、掃除機だってお部屋の掃除には欠かせません。洗濯機だって電子レンジだって、日々の生活の中で使わない日がないほど必要としているものであると言えるでしょう。そんな便利な電気製品は、一体どんな仕組みで動いているのか知らない人も多いのではないでしょうか。市販の電気製品の仕組みを知れば、電気製品の自作も夢ではありませんよ。

電気製品の外装を外してみよう!

電気製品の仕組みを知るには、座学で知識を詰め込むよりも見て知る方法がおすすめです。何故なら家庭内にある電気製品はいくつもあるからです。小型の電気製品などなら重くもないし、分解するのも簡単です。あわよくば押し入れなどに、使わなくなった電気製品があればラッキーですね。捨ててしまうような電気製品があるなら、壊れていない製品の裏板をわざわざ開ける必要もありませんからね。ネジを外してみると簡単に中身を見ることができます。電気製品は外装に凝っているだけで、中身はそれほど複雑な仕組みではないんです。

アイディア次第で使える部品…

モーターは高速で軸を回転させることができるので羽根やタイヤを回すことができます。換気扇やドライヤーなどにも用いられますし、電動のおもちゃなんかにも使われていますよ。モーターの回転を利用すれば、トイレットペーパーを自動に巻き取ることなんかもできるし、穴を開けたり、削ったりすることも可能です。電気製品のアイディアってモーターからの発想が多いんですよ。掃除機、シェーバー、電動歯ブラシ、電子ミシンなんかにも使われています。例えば、お風呂のお湯をかき回す「湯かき棒」を電動にすることもできます。電気製品を自作する際には、モーターは欠かせない部品になりますよ。

プリント基板実装について紹介します。リフロー炉について知ることも出来るし、異型マウンタについて知ることも出来ます。