需要の高まりで太陽光パネルの発電効率がアップ

需要が技術革新を生む

太陽光パネルの発電効率は、太陽光発電を設置する上でも未来の可能性を探る上でも大事なポイントです。発電効率の推移を見ると、ずっと停滞していた数値が2012年から急にアップしていることがわかります。やはり需要が増すと、技術革新が促されるんですね。動機付けって大事なんでしょう。開発しているのはトップレベルの極めて頭のいい人たちなわけですけど、そういう頭脳を振り分ける先になってきたということかと。歓迎すべきことでしょう。

太陽光パネルの発電効率トップ

太陽光パネルの発電効率については、世界中の企業が熾烈な競争を繰り広げているさ中のようですが、日本企業がしょっちゅうトップになっているんですね。日本人が世界一の技術を持っているなら、開発能力があるなら、国内でもっと前から太陽光発電が推進されていたら、技術革新はさらに進んでいたんでしょうに、惜しいことです。国内では太陽光発電しても、売れなかったんですものね。つい最近まで。でも、買取制度が完備された今は違います。

ロードマップは上方修正

今後太陽光パネルの発電効率がどうなっていくかっていうロードマップも、上方修正されたようです。ゲノム解析もそうでしたよね。ヒトの遺伝子をすべて解読するっていう計画が世界で始まって、当初は相当時間がかかるだろうってことだったんですが、予定期間よりずいぶん早く、ゲノムをすべて解読できました。技術革新って世界の知が結集すると、加速するものなんだなあという例でした。太陽光発電についても、世界の頭脳を結集させて、どんどん技術革新していってほしいものです。

太陽光発電の価格はいくらするのか。本体のソーラーパネルは安くて3,000円、高いパネルは28,000円ほどかかります。